こまつ眼科は、常に患者様の立場にたち、患者様のための医療を提供していきます。 ADDRESS:高知県高知市大津乙1018-1  TEL:088-804-5588





リラックスして診察を受けられるよう、明るい空間にしてあります。
4台の視力表と最新の設備で、正確な検査を実現できるよう考慮した空間にしてあります。
【網膜三次元画像解析(OCT)】
光の干渉現象を用いる事で網膜を断層構造として観察、測定する装置です。 この装置では痛みもなく、短時間で網膜などの断層面の観察や立体構造の解析が行えます。
【眼底カメラ】
眼の中の写真を撮り病変を記録する際に使用します。
【レーザー光凝固装置】
網膜の病気により出血や穴が開いた際の治療に使用します。
【YAGレーザー】
白内障の術後に起こる後発白内障や、緑内障治療で虹彩に穴を開ける治療に使用します。
【細隙灯顕微鏡】
眼の前眼部(角膜や虹彩、水晶体)や結膜なに異常が無いか調べます。
【手持ちスリット(細隙灯顕微鏡)】
小さなお子様や、体の不自由な方でも楽に診察を受けて頂けるよう、手持ち型の細隙灯顕微鏡を用意いたしました。
【IOLマスター】
超音波検査とは異なり、眼には直接触れずに角膜、前房、眼軸長を計測し眼内レンズの度数を決定します。
【スペキュラーマイクロスコープ】
角膜の内皮細胞の大きさや数を調べます。
【静的視野計】
眼が見える広さを調べ、緑内障や脳疾患などの治療に役立てます。
【ヘスチャート】
眼球運動を調べ、眼を動かす筋肉の麻痺の有無を調べます。